|有限会社盛山建設|注文住宅事業|分譲住宅事業|リフォーム事業群馬県|渋川市|

 

盛山建設の歩み

 
 

社長語る

社長語る
 
リフォームした事務所の前にて
終戦の年、昭和20年の10月に産声を上げた社長。
母のお腹の中、一家で東京から命からがら疎開してきて渋川市石原の当時お世話になっていた農家の方の馬小屋で産まれたそうです。
その後、中学卒業まで沼田市の馬喰町(ばくろちょう)という場所で育ち、その後また渋川市へ戻り、就職。
東京オリンピックの時に兄に進められ、上京した10代。
印刷会社で働きながらこれからは手に職だと痛感。
群馬県に戻り、大工修行の道へ。当時20歳。
なぜ大工だったのかと尋ねると・・・何でかなぁと笑っていましたが、やっぱり木を扱い生まれる造作に自身の喜びと、お客様のご希望に近づく事に明日へのやる気や努力をする事に繋がって今日があると。お金だけではなく、この職業に誇りを感じていると振り返っていました。
それから、5年の修行を経て25歳の時独立。
なぜ独立をしようと考えたのか・・・それは、1人の力では、限りがある。
より多くの同じ考えを持つ大工さん達は大切な仲間。汗と涙と喜怒哀楽、色々な気持ちを共有する仲間と共に、これからはみんなで生きていこう、といつからか思うようになっていたからでした。
その社長が独立して初めて建てた家は、トラックも無く、バイク1台で仕上げました。
だんだんと仕事も入るようになり、日中はみっちり仕事をして、夜は慣れない経理を続けた2年。
27歳の時に、胃を壊してしまい緊急入院をして手術をする事に。
こんな生活をいていたら、体が続かないなぁと思う日々の中、現在経理を一手にまかなっている母との出会いが。
父30歳、母22歳にして盛山建設二人三脚の歩みが始まったのです。
 
経理の事を何も知らない母が、商業科の妹の教科書を借りて独学で勉強し、社長の手となり、足となり。
酉年生まれの社長は朝が早く、そんな先頭が率いる職人さんも朝が早かったのです。
朝の6時半から仕事をする職人さんもいて、母はおにぎりやおまんじゅうなど、朝ご飯を用意したり。
太陽に負けないくらいの早起きをする父。みっちり働いて一日の終わりに美味しいお酒を楽しみ、そして早寝。いつも全身でアンテナを広げ、やると決めたら、即行動!
 
そんな2人の仕事が会社となってから、30年。
色々なお客様と出会い、勉強させて頂き、喜びや、時には苦い経験を経て、お客様と共に歩んで来た中で、10年を目安に種をまいていくことが大切だと気付きました。
思い立ったら即行動の社長は、まず管柱(くだばしら:基本となる柱)3mを4mに変える事により下屋根を瓦にする事、2階掃出しの窓を大きくすることを可能にし、その上ベランダも出来る独自の工法を開発。
次の種まきはへーベルという大手の外壁に着手。
そして、㈱トステム(現在は㈱LIXIL)のスーパーウォール工法の加盟店に。
最後に、RC工法(鉄筋コンクリート)導入。
 
なぜ10年ごとに必要だったのか?
それは小さな会社だからこそ、大きな会社のシステムを利用する事で、お客様に大きな安心をご提供出来る事、住宅業界は常に新しいものが出来てきて、それらにアンテナを広げ、日々、前進しなければならない事。お客様は何を求めているのか、10年、10年、新しいものが欲しかった。
導入するには不安もあったが、結果として環境にあった家を建てる事ができた。
社長はこの30年のストーリーは刺激があって、夢中でやってこれた。
母はこの30年やってこれたのはやっぱりお互い健康だったからと振り返っています。
そして、ここまでやってこれたのはお客様の支えがあってこそ。
おかげさまで、ありがとうございました。
これからも、二代目共々、よろしくお願い致します。
 
 

二代目語る

二代目語る
 

昭和53年4月、待望の?!盛山家長男として産まれ、伸び伸びと育ててもらいました。

早起きの父に毎朝5時に起こされ仕事を与えられていた小学生時代。今は孫(僕の息子)に毎朝のニワトリ当番を任命しました。

小さな頃からお父さん子で、憧れの存在の父の背中を見て育った僕が、建築業に興味を持ったのは自然な流れでした。けれど父は自由というか、型にはめない人でしたので『会社は継がなくていい、好きな事を見つけなさい。』とよく言われて育ちました。そんな事もあって高校は普通科、大学は入れるところを選び入学。しかし、親元を離れ特にこれといった目標もなく大学に通う学生生活に違和感を覚え、将来について真剣に考え、行き着いたのはやっぱり父の後を継ぎたいという気持ちでした。すぐに大学を中退。

手先が器用でない事は自分で知っていたので父と同じ大工からではなく、これからは資格が必要だと思い、1級建築士を絶対にとる!と決意したのでした。

さっそく1級建築士の資格について調べてみると・・・。

2級建築士を受験するだけでも、工業高校の建築科を卒業していないとたくさんの時間がかかってしまう事が判明し、ショックを受ける。ガーン・・・

そこで詳しく調べるために、日建というところへ直接行ってみると、日建工科という資格を取るための専門学校が出来ると知る。のちに1期生として日建工科の門をくぐる事となる。そして2年学び、2級建築士の試験資格獲得。卒業と同時に修行のため伊勢崎市の工務店さんで働く事に。

その頃時代は就職氷河期。入社させて頂いたことに感謝。部署はハウスメーカー専門の指定工務店。修行するなら同じ地場工務店の勉強をと思っていたのですが、ハウスメーカーの現状がよく分かり、違った視点で考えられるようになり、勉強になりました。

働きながら今度は日建に通い、1年目に2級建築士 合格!

3年の修業が終わる頃、盛山建設で東京でのリフォームが入り、慣れない遠出の現場に父から手伝って欲しいと言われ、悩んだけれどこれを機に退社。

母はこの時大変だから継がなくていいと言っていました。その意見を体で感じたのは割とすぐでした。

初めての現場で自分の力のなさを痛感。家族と協力業者さんの生活もかかっている責任の重さ。仕事を見つけていく難しさ。経営者という立場に改めて恐怖を感じました。

でも、とにかく、前へ。前へ。

経営者のための勉強会など色々参加させてもらい、少しづつ勉強。そして今も学んでいる最中。

そんな仕事と勉強の中、のちに盛山建設二代目の二人三脚のパートナーとなる嫁と結婚。

1級建築士試験の準備が始まる頃、子供も産まれ頑張る気力がどんどん湧いてくる。平日はみっちり仕事。日曜は学校。丸一日予定のない休日はほとんどなく、合格までの先の見えない長いトンネルに入り、無我夢中でした。合格までにここから4年の歳月を要しました。その間、仕事に関心もなかった嫁が徐々にこの仕事の楽しさを知って、今は事務や掃除、集客活動や広報などサポートしてくれるまでになりました。

だんだんと社長から僕に仕事の流れが多くなってきて、お客様と直接触れ合い、人と人とのつながりを持った中で感動していただく。何よりの励みであり、心の栄養です。

父と母のような絶妙なバランスの二人三脚ではないけれど、自分たちなりの二人三脚で頑張って行こうと日々奮闘中。

今年で結婚14年目。中二の長男を筆頭に4人の子育て、真っ只中。

10人家族の大所帯で、お互いに助け合いながら盛山建設を盛り上げて行きたいのです。

身内のような存在のお客様。これからも末永くサポートさせて頂けるよう前進して行きますので、温かく見守って頂けたらありがたいです。

これからも、よろしくお願いいたします。

 

有限会社盛山建設
〒379-1115
群馬県渋川市赤城町溝呂木465
TEL:0279-56-5068
FAX:0279-56-5067
------------------------------------
◎注文住宅事業
分譲住宅事業
リフォーム事業
------------------------------------
一級建築士 登録第339296号
建築業許可知事(般-17)第10183号
058649
<<有限会社盛山建設>> 〒379-1115 群馬県渋川市赤城町溝呂木465 TEL:0279-56-5068 FAX:0279-56-5067